体験レポ!実際にあったブラック上司6選!

みなさん!

突然ですが、職場好きですか?

私は嫌いでした(笑)

もう憎いくらいです。

そんな職場でどんな上司がいたかを書いていきたいと思います。

皆さんの周りにもいるんじゃないでしょうか?ブラック上司。

そんな上司長く付き合うと時間を無駄にしてしまいますので付き合い方を考えましょう。

今回登場していただく人たちはこちらの方々です!

  • 人の時間をなんとも思わない上司
  • 時間感覚がない上司
  • パワハラ・モラハラ・セクハラ上司
  • 悩み聞くよ?上司
  • 言動不一致上司
  • 無責任上司

さあそれでは見ていきましょう!


人の時間をなんとも思わない上司

さて最初は「人の時間をなんとも思わない上司」です。
みなさんのまわりにもいませんか?
散々人を振り回した挙句、何事もなかったような顔をする人。

私が経験したエピソードにこんな上司がいました。

午前中のスケジュール確認をするから至急集まってくれ

部署の全員が会議室に行き、一人一人のスケジュールを確認し、上司がそれに対して質問していく形で進められていきました。

これは回答しない人も一緒に参加しているため、ただ単に座っているだけのメンバーも多かったのですが、構わず進められました。

結果、「午前中のスケジュールを確認する会議」で、午前中が終わってしまったのです。

こんなことは日常茶飯事だっただけでなく、その上司からすると「うちの部署の人間は生産性が低い」というのが悩みだというのです(笑)

今となっては笑い話ですが、当事者の私たちは怒り心頭だったのはいうまでもありません…

時間感覚がない上司

続いては、時間感覚のない上司です。

このタイプの上司は人の時間をなんとも思わない上司に通ずるところもありますが、一度会議が始まったら最後、永久に終わることはありません。

いったい何を話したのかすら覚えいてない会議が延々と続きます。

ひどい時は、就業時間後に会議が始まり、日付を跨いでも終了しない日々が連日続いた時もあります。

当然業務が終わらないだけでなく、特に目的のない会議なので何かが決まるわけでもなく、ただ単に時間が進んでいくだけなのですが、本人は全く気にする様子はありません。

その上司は、直属の上司ではなかったため、私はまだマシでしたが、直属の部下の人たちは連日連夜終わりの見えない会議に囚われていました…

パワハラ・モラハラ・セクハラ上司

さて、かなりこれらの行為に厳しくなった時代ですが、相変わらず時代錯誤の上司がいます。

俺のいうことを聞かないとどうなるか分かってるのか!?

そこから飛び降りて◯ね!

仕事はできないのに化粧だけはできるんだな!

などなど、ひどいものです。

流石に酷すぎて周りからたしなめられることもありますが、周りに人がいなくなるとまたギャーギャー始まります。

残念ながらこのような罵詈雑言を浴びせ続けられた部下たちは次々と退職したり、精神を病んで退職するなどの結果になってしまいました。

ところが、この上司にはなんのお咎めなしです。

残念ながら、社会が変わっていくのはまだまだ時間がかかるのかもしれませんね…

自分が一番上司

次は、俺が一番じゃなきゃ嫌な上司です。

そんなことも知らないのか?

俺以外にこの仕事ができる人間はいない

なぜ俺が最初じゃないんだ?

な?だめだっただろ?俺は分かっていたけどな

などなど、聞くに耐えないことを平気で口にします。

いったい何様だ!と言いたくなりますが、現実にこういう人います。

自分を崇め奉られないとすぐに不機嫌になり、自分がなんでも知っていると思っている上司です。

都合が悪くなるとすぐに責任を押し付けて逃げるのもこのタイプですね。

悩み聞くよ?上司

最初に一言「お前が悩みだ」と言いたくなる上司です(笑)

飲み会の席や、面談などで必ず聞かれる

「悩みはないか?相談事があるならのるぞ?」

というこの言葉。

言えるわけないでしょう。

だって原因はあなたなんですから(笑)

普段の言動が周りからどう見られているのか全く意識していない上司がこれにあたります。

このタイプの人も多くいるのが厄介なところですね。

上司であるあなたの自覚がないので、こちらの悩み事がなくなることがないのですから…

言動不一致上司

陰で文句だけ言っていざその場面になったら逃げてしまう上司です。

「社長は何も分かっていない、俺がガツンと言ってやるから」

と言いながら、いざ社長の目の前にすると

「・・・」

いや、言わないんかい!

と思わずツッコミを入れたくなってしまいます。

結局後で理由を聞くと

「大人なんだから我慢しなければならない時もあるんだよ」

耳を疑いました。正気で言っているのか、都合が悪くなると逃げてしまう。

こういう上司いますよね。

無責任上司

さて、最後は無責任上司です。

いったいあなたはなぜその立場にいるのか?と聞きたくなる上司です。

業務を安請け合いし、部下に丸投げ、実態を把握していないために、とうぜん無理が生じます。

そこで上司が部下にかける言葉は

「なんでできないんだ!?」

「期限までにやれと言っただろ!」

「あれの進捗はどうなってるんだ!」

そして上司にはこういうのです。

「私はちゃんと指示をしたのですが、なにぶん部下が言うことを聞かないもので…」

あなたの周りにもいませんか?

責任者としての立場にいるのに責任を押し付けてくる人。

これもあるあるなのではないでしょうか?


いかがでしたでしょうか。

身近にもこう言った上司はいるのではないですか?

もしこのような上司が原因で大きなストレスになっていたり、仕事の効率が著しく落ちている場合は部署異動を願い出るか、転職をお勧めします。

ちなみに私はこれらの上司と接し続けてうつ病になりました(笑)

こういう上司のために自分を犠牲にする必要はありませんから、すぐに逃げられるように準備しておくことも対策の一つです。

常に転職してもいいように心の準備をしておくと良いでしょう。

どこがいい?転職エージェントまとめ(体験談あり)

以上、この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

それでは今回はこのへんで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA