恥ずかしい!?うつ病患者の3大欲求(性欲編)

今回はうつ病になった時に性欲はどうなるのかについてお話しします。

注意

※直接的な表現はできるだけ控えますが、苦手な方はご注意ください。

私は男性なので、男性目線でのお話をします。

男性はご自分に置き換えて、女性の方はパートナーに置き換えて読んでみてください。

結論からお話しすると、完全に性欲は無くなります。

睡眠欲以外の欲求は全てなくなると言った方がいいです。

MEMO

体や脳に刺激があると脳に熱がこもった感じになりオーバーヒートします。そのため性的な興奮に脳が耐えることができません。

特に射精まで興奮状態を高めるのは相当頭に負荷がかかるので、そこでブレーキがかかります。そしてしばらく頭が痛いままの状態になるので危険を感じます。

加えてそもそも勃起不全(ED)にもなるため、興奮状態になかなかなりません。

無理やり試すこともありましたが、陰茎が全く反応しないのでどうしようもありません。

 

健康な人なら何もしなければ自然に性欲は湧いてくるものですが、全くそんなことはなくなり、意識しなければ忘れてしまうほどでした。

長く付き合っていかなければならないうつ病ですが、パートナーがいる方は相互理解が重要な要素になると思います。

男性の場合は精神的な状態や体調で興奮状態が大きく変化するので、女性の方は全て自分が原因と思うのではなく、相手の疲労や精神状態に意識を向けてください。

それでは改めて、性欲についてどうなるのかをみていきましょう。

うつ病になると性欲はどうなるのか

まず、他の欲求と同じく全くなくなると思ってください。

そもそも湧き上がらないというのもそうなのですが、性的興奮に対して脳が耐えられないと言った方が正しいです。

私はパートナーがいなかったので、自分一人で完結できるのですが、うつ病になってから数ヶ月経ち、食事や睡眠が取れるようになってようやく意欲が湧いてきます。

しかし、いざ自慰行為をしようと思った時、脳が興奮状態になった時、強烈な頭痛が脳を襲います。

車で言えばサイドブレーキを引いたままアクセルを踏むようなもので、脳に大きな負担がかかります。

そして勃起不全(いわゆるED)の状態になります。

興奮に近い状態にはなりますが、陰茎が反応しないという状態です。

全く反応しません。感覚はありますが、血が巡らないという感じでしょうか。

そんな状態がしばらく続きます。

もう少しマシな状態になると、少し勃起状態が戻ってきます。

ですが、自慰行為になると最後までできません。

射精は脳に強烈な負担がかかるため、ブレーキがかかり絶頂状態にいけないのです。

無理に続行しようとすると頭痛がひどくなるため、そこまででストップです。

この時点では性欲自体が衰えているため、仮に射精できなくても欲求不満ということにはならないのですが…。

ただ、性欲を維持するためには、ある程度継続的に発散しなければ衰えがひどくなるため、定期的に試すようにはしていました。

結局射精ができるようになるまでには、うつ病の治療を始めてから1年以上経ってからです。

それでも相変わらず脳への負担が大きく、体力の消耗が激しい状態が続きました。

ある程度性欲が戻り、自慰行為までしたいと思うまではさらに半年くらいを要しました。

最初に述べた通り、私にはパートナーがいなかったのでまだマシだったかもしれません。

パートナーがいる方は日常生活もそうですが、性生活に関しても相手の理解を得るのが難しいかもしれません。

ですが、お互いの理解があって初めて乗り越えられると思いますので、普段からの会話が重要になると思います。

パートナーとの意思疎通が大切

落ちた性欲は元に戻るのか

私の場合は、治療を始めて2年以上経っていますが、まだ元通りというわけにはいきません。

それでもだいぶ元気な状態に近くなっていますので、だいたい発症から約2年というのが回復期間の目安といえるのではないでしょうか。

一人で苦しまれている方は私のような例を参考にしていただき、パートナーがいる方はお互いに話し合い徐々に従来の性生活に戻していくというのが良いと思います。

いずれにしても、時間はかかりますが性欲は戻ります。

うつ病の食欲、睡眠欲もそうですが、元に戻そうとすると必要以上に焦ってしまうものです。うつ病で何もできなくなった状態の時からどのように前進したかを考えて行動していくことが、うつ病と向き合い、長く付き合っていくコツだと思います。

まとめ

3大欲求の中では軽視されがちだと思いますが、性欲は重要な欲求です。

性生活だけでなく異性に興味がなくなること自体、将来的なパートナー探しの弊害にもなるからです。

この記事を役立ててもらうために

日常生活の復帰がなければ何も始まりませんが、あまり性欲について言及している記事を見かけなかったので書くことにしました。

恋愛関係や結婚生活も性欲がなければお互い辛い思いをすることになると思います。

そのため少しでもこの記事が理解の役に立てば良いと思っています。

男性の場合は自分自身がうつ病になった時のために、女性はパートナーが苦しんでいる時の理解が進むようになれば幸いです。

 

日常のストレスや疲労で男性の性欲は大きく変化します。

特に長時間労働や、職場環境が劣悪などストレスがかかる環境にいる場合には性欲にも影響してきますので、自分自身やパートナーの変化にも目を向けられるようにしましょう。

以上、今回はデリケートな部分についてのお話でしたが、皆さんの参考になったのなら幸いです。

それでは


なお、うつ病になった時の3大欲求についての変化についての記事を書いていますので、参考にしていただけると嬉しいです。

恥ずかしい!?うつ病患者の3大欲求
(食欲編)

恥ずかしい!?うつ病患者の3大欲求
(睡眠欲編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA