知ってる?知らない?長時間労働について

長時間労働についてみなさんはどの程度ご存知でしょうか?

実はこれ知っているのと知らないのでは今後の生活に大きく差が出ます。

原則として、労働者は1日の労働時間の上限は8時間と決まっています。

これを労働者の代表との間で協定を結び、労働基準監督署に届け出ることによって勤務時間の上限を伸ばすことができます。これが時間外労働、いわゆる残業です。

この労使間の協定が通称36協定(サブロク協定)です。

上限は次の通り

45時間

年間

360時間

ちなみにこれは通常月の残業時間であり、特別条項というものも存在します。

その場合には通常の残業時間の上限が次のように引き上げられます。

2~6月平均

80 時間

1ヶ月最大

45 ▶︎ 100 時間未満

年間

360 ▶︎ 720時間

最長でも80時間を超える月は6回までという上限が設けられているだけでなく、100時間以上の残業は1回も許されていません。

そのため、毎月の管理者は残業時間管理をしなければなりませんが…。

勘の良い方はお気づきですね?

管理職は「管理監督者ではない」ということに。

管理職は「管理監督者」ではない!

社内で勝手に管理監督者扱いされている「管理職」の方ですが、この36協定の対象となります。

もっとも、精神疾患等の障害がない限りは損害賠償請求をすることは難しいですが、労働基準監督署に訴えることによって、指導や罰則が入り、社内環境の改善につながるかもしれない。という点は覚えておいた方が良いでしょう。

そもそも残業とは?

細かい話をすれば、労働基準法第36条(通称サブロク協定)を結べば従業員に対して時間外労働をさせる事ができるのですが、その上限が決まっていると言う事です。

これは元々「繁忙期がある職場では残業しないと業務が終わらない!」という実情に対して設けられた法律ですが、いつしか残業をさせても良い、と社会的に解釈されるようになりました。

正確には「時間外労働」

残業という言葉が一人歩きしているため、どうしても「就業時間後」というイメージがつきがちな「時間外労働」ですが、その言葉通り、「始業時間前」や「休憩時間中の労働時間」も1分単位で時間外手当を支給しなければなりません。

多くの企業では、始業前や休憩時間を時間外労働として記録させないだけでなく、終業後の労働についても上限を設けている(タイムカードを先に押させるなど)という事業所が多く存在します。

ですが、周りがやっているからいいのではなく明確に「違法」であるということを認識してください。

自分の身を守るためには、タイムカードとは別に就業時間のメモを毎日取る習慣をつけましょう。

また、時間外手当を請求するかどうかは本人の意思ですが、請求した人を責める資格はありません。「あなたも同じ権利を持っているのに自分で権利を行使しないことを選んでいる」からです。

選ぶのは本人の自由なのですから、責めるのはおかしいですよね?

不満なら自分も請求すればいいだけなのですから。

そんな残業時間ですが、流石に上限が設けられています。

ただし、ここでの上限は一般従業員と管理監督者では異なることに注意してください。

なお、管理監督者の定義については以下の通りです。

  • 部門等を統括する立場である
  • 会社経営に関与している
  • 労働時間や休憩は自由であり、労働基準法の規定が適用されない
  • 給与面で他の従業員より優遇されている

別の記事で詳しい情報を記載しているのでリンク先をご覧ください。

管理職って残業代出るの?答えは出ます!
(残業代請求体験談)

実際に行った残業代請求の体験を公開します!
(フロー編)


さて、長時間労働の定義ですが、以下の通りとなります。

原則として以下の条件は守らなくてはなりません。

45 時間
年間360 時間

(労働基準法36条4項)

察しの良い方はお気づきの通り、上記は原則であって上限ではありません。

実はもっと細かい決まりがあり、残業を多くさせる事ができるのです。
(この点は業務上の都合や業界の繁忙期があるので画一的にはできないと言う事情があります)

では、具体的な上限についてはどう言う条件なのかと言うと次の通りです。

時間外労働は

年間720 時間以内

時間外労働及び休日労働の合計

複数月26ヶ月)

平均で80 時間以内

時間外労働及び休日労働の合計

1ヶ月あたり100 時間未満

原則1ヶ月あたりの上限

45 時間を超えられるのは

1年で6ヶ月以内

いかがでしょうか?

こんなのあっさり超えてるよ!」と言う方も多いのではないでしょうか。

実はこの基準になったのは最近のため、知らない方も多いかもしれません。

ですがこれはれっきとした基準であり、労働災害としての審査内容にも上記の基準が守られているかが審査されます。

よく「100時間くらい軽く超えて残業しているよ!」と言う声を聞きますが、違法です。

また、年間の上限回数も制限があり、平均値も計算しなければならないため、管理する側はかなり気をつかいます。

管理監督者とは?

そして、これにはポイントがもう一つあります。
それは「管理監督者には適用されない」と言う点です。

なぜなら、管理監督者には時間の自由があるため、自分の体調は自分でコントロールできる立場にあるからです。

ここでも勘の良い方ならお気づきでしょう。

そうです。ほぼ全ての「管理職」とよばれる人は「管理監督者」ではないのです。

もし、この「管理職」の方が、労働基準監督署に訴え出る。もしくは、長時間労働による身体的・精神的な疾患を患った場合、労災として認定される可能性が高いです。

その場合は、労働基準監督署の調査が入り、従来支払うべき残業代についても支払い義務が課されるため、会社としては大きな痛手となります。

最強!?労災と残業代請求の合わせ技!休業補償額を減らさないために(労災体験談)

そして会社側はそのことを十分にわかっています。そのため、なんらかの手で労災申請や労働基準監督署への訴えを取りやめるように講じてくるでしょう。

在職中の方が特に勧められるのは「傷病手当金」です。

基本的な考え方を整理すると次の通りです

業務上の原因でないケガや病気
傷病手当金

業務が原因のケガや病気
労働災害(労災)

労災は労働基準監督署への申請が必要です。

申請に基づいて労働基準監督署が調査を行い、業務上の原因と認められた場合は労災認定されます。

ですが労災が認定されなくても傷病手当金は継続して受給できますので、労災申請自体は行うことを勧めます。

こんなに違う!労災補償と傷病手当金

労災補償と傷病手当金は補償が段違いです。

労災認定のハードルは高いですが、申請するだけの価値があります。

下記をご覧いただくと分かると思いますが、労災補償の場合は給与の80%に加え、医療費にいたっては完治(寛解)まで完全に無料です。

傷病手当金は16ヶ月(通算)という期限がありますが、労災補償は完治まで受給を継続できます。

さらに労災の場合は給与の40%を休業損害として会社に損害賠償請求することができます。

つまり労災補償は最大で給与の120%もらうことができるのです

この違いを理解しておく必要がありますので、必ず覚えておくことをお勧めします。

傷病手当金| 労災補償

補償額|給与の割合

3分の2  ▶︎  80 %

医療費

3割負担▶︎  なし

期限

16ヶ月▶︎ 無期限

※厳密には単純な給与ではありませんが

ここでは簡易的に給与とします。

※傷病手当金の期限は通算で1年6ヶ月です。

反撃!?ブラック企業からの回答
(労災申請編)

ちなみにですが、時間外労働の上限規制に違反した場合には、経営陣に対して6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課されます(労働基準法第119条)

そして、もっとも会社として一番恐れるのは、違反があった際ことを公表されることです。

資金調達や人材の確保など、会社の評判が変化することによって大きく経営に影響を与えます。そのため会社は労災申請を嫌がるのです。

ただし、労災隠しもまた立派な犯罪ですので、労働者は堂々と労災申請をするべきなのです。

参考までに労働基準違反があった場合は労働局より企業名が公表されていますのでご覧ください(参考までに東京労働局のリンクを貼っておきます)

東京労働局(労働基準関係法令違反に係る公表事案)

まとめ

身に覚えのある方も多いと思いますが、もしもの時のために、勤務表のコピーや勤務時間・休憩時間のメモは必ず取っておきましょう(職場によっては荷物の持ち込みや持ち出しが禁止されているところもあるので帰ってからメモをとっておきましょう。メモは重要な証拠品となります)

MEMO

毎日の日課として、出退勤のメモと休憩時間の労働時間を1分単位でメモを取ること

会社によっては10分単位や5分単位で入力する会社もあると思いますが、調査の際には正確な情報が必要となります。

そのため、完全に一致していなくても1分単位でメモを残すことが重要です。

すでにメモをとっている方は時効になる3年に気をつけ、残業代請求の時期を伺いましょう。

データがない、もしくはメモもない場合は今日から1分単位でメモを取ることを日課にしましょう。

証拠がないと泣き寝入りしなければならなくなってしまう可能性が高くなるので、これまでの苦労が無駄になってしまいます。

また、残業代請求とは直接関係はありませんが、上司からの業務指示についても必ずメールやメモなどの記録を残しておきましょう。

ハラスメント対策にもなりますし、管理職の方にとっても重要な証拠となります。

最後に自分を守れるのは自分自身だという意識を常に持っておきましょう。

残業代請求・労災申請の際の決め手となる重要な証拠となるだけでなく、ご自身を守り、周りの大事な人を守ることにつながりますので、自分は関係ないと思わずに準備はしっかりしておくことをオススメします。

周囲や前任者で倒れた人がいた場合や、激務の人を見てみると良いでしょう。

今見ている姿は未来のあなたの姿かもしれないのですから。


転職エージェントをお探しの方はこちら

どこがいい?転職エージェントまとめ
(体験談あり)

転職先を見つけたい!未経験から始める
おすすめプログラミングスクール編!


以上、今回の記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA