恥ずかしい!?うつ病患者の3大欲求(食欲編)

うつ病になった時に起こる体の変化のうち、食欲の変化についてお話ししたいと思います。※前提として私の経験をお話ししますので、1人暮らしの成人男性モデルとして参考にしてください。

うつ病になったら食欲はどうなるのか

まずは食欲不信におちいります。

お腹は空くことは空きますが、食べること自体が億劫になります。

そのため、初期はどちらかといえば痩せるかも知れません。

その後少しずつ回復するにつれて、簡単なものなら食べようかなという気分になります。

そして簡単にカロリーが取れるものを食べるようになります。

例えば「菓子パン」とか「ジャンクフード」のようなものです。

栄養バランスなんて考えていられません。こういったものはとりあえず食べるというのに最適なのです。

そして日中は寝ること以外、何もできません。

体からすれば高カロリーの食品を食べて寝てを繰り返しているだけの状態になります。

そして「太ります

気づいた時には+10キロ、さらに数ヶ月後+10キロと合計で20キロ増えました。

おかげで自身の最高体重を更新し、100キロの壁を突破しました。

そのため、食欲があるというよりは食生活に問題が出るというのが太った原因ですね。

健康な状態の時は、健康なことを考えられますが、健康でない状態の時は、健康のことを考えて行動する元気がないのです。

つまりここで悪循環が生じるために太るという現象が起きたのだと自分の中で納得しています。

一つ注意しておきたいのは、中には薬の影響で食欲が増進されるものもあるそうですので、薬の副作用に関しては主治医の先生に相談してみましょう。

太るのは気にしなくていい、体調が戻ったら健康な食事に戻そう

太るのはすごく気になりますが、健康を気にするのはある程度体調が戻ってからでいいと思います。

なるべく精神的な負担を減らすことを優先すべきだと思うので、まずは、食事と睡眠と軽度の運動ができる状態にまで回復することを目指しましょう。

それができてから、徐々に健康的な食生活と運動を取り入れるようにしましょう。

ストレスになって続かないより、ほんの少しずつ野菜を取り入れてみるとか、ジャンクフードを減らしてみるとか、変化させていくことが大事だと思います。

自然食品を取り入れてみるのもいいでしょう

家族がいる方やパートナーがいらっしゃる方は迷惑だと思わずに積極的に協力を求めましょう。

1人の方は徐々に自分の変化を感じ取りながら、考えていけばいいと思います。

いずれにしても、健康について考える機会が増えると思いますから、そこからでも十分に間に合います。

私は2年以上うつ病と付き合っていますが、ピーク時は20キロ増えましたが、食事や運動を続けて現在は10キロ減らすことができました。

と言ってもまだ10キロ太ってるんですけどね。

今後も継続して食事と運動を続けて元の体重まで戻すつもりです。

もちろんゆっくりとですが。

以上、私の体験についてお話しさせていただきました。

読んでいただいた皆さんの参考になれば幸いです

それでは


なお、うつ病になった時の3大欲求についての記事を他にも書いているので参考にしていただけると嬉しいです。

恥ずかしい!?うつ病患者の3大欲求(睡眠欲編)

恥ずかしい!?うつ病患者の3大欲求(性欲編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA